GAY出会いの歴史と変化

History

過去・1990年代以前

●過去・1990年代以前
1950~1970年代、ゲイの出会いは夜の公園やトイレ、映画館などに限られ、陰に隠れて行動するしかなかった。ゲイであることがわかる、ということは社会的に抹消されることと同じ意味であった。 カミングアウトして生活している人のロールモデルが無く、どんな差別を受けるかわからない時代で、みんなゲイであることを隠し、おびえて暮していた。

『ゲイバー』と呼ばれている店もあったが、女装した人が働いていてゲイ以外を接客する場合がほとんどで、それ以外の「ゲイがやっていてゲイのお客が来る」いわゆるゲイバーは紹介が無いと入れないことがほとんどであった。 また、実際に新宿二丁目や新橋に行き、それらしきお店を探し、入る方法もあったが、たいへん勇気が要ることで、またリスキーなことでもあった。

1970~80年代になるとゲイ雑誌も創刊され、情報が当事者に手が届くようになり、ゲイたちの環境が大きく変化。編集部が手紙を転送してくれるサービスが始まり、時間は掛かるものの首都圏以外の他の地方のゲイ達も、 自分以外のゲイに出会えるようになった。これは当時としては画期的なことであった。

Web時代・1990~2000年

●Web時代・1990~2000年
インターネットが普及し始めると、ゲイ達の出会いは急速に変わる。それまでは、まず、情報を手に入れなければゲイ同士が出会うことができなかったのだが、 検索することで簡単にマイノリティ同士の交流ができるように、大きく進歩。

セクシャル・マイノリティであるゲイ達も情報を得やすくなり、ゲイの生活や生き方など、ロールモデルもたくさん見る事ができるようになり、それによって、 多くのゲイ達のアクセプタンス(ゲイであることを受け入れること)も進んでいった。

それまで大変だったゲイ同士の出会いも、掲示板、チャットなどを使い、可能になっていく。でも、まだまだ人と出会うにはリスキーで、危険が伴うことに変わりはなかった。

アプリ時代・~2020年

●アプリ時代・~2020年
それまでは、ほとんど文字情報だけだったガラケーでのコミュニケーション。それ以上の画像を含めたやりとりは家でパソコンの前にいないとできなかった時代から、大きく変わる時を迎える。 スマートフォンが登場し、画像のやりとりだけでなく、動画さえも、いる場所の制約も無く、簡単に送りあえるに時代になったのだ。

また、ゲイの出会い専用のアプリの登場はたいへんセンセーショナルな出来事。専用アプリが登場したことで、さらに多くの人を閲覧できたり、メッセージをやりとりしたりできるようになり、出会いのカタチ自体が大きく変わることに。

しかし、今までのアプリは、なりすましや嘘のプロフィール、嘘の書き込み、フォロワーを増やすことだけが目的のメンバーなど、問題も大変多く、安心や安全とはまだまだ言えない状況であった。

そして今。アプリ新時代へ

●そして今。アプリ新時代へ
LGBTQという言葉が一般社会にも浸透し、セクシャル・マイノリティが後ろめたいことでは無くなりつつある、新たな世界。Bluedはさらにその先を考え、進化を続ける。

Bluedはマッチング機能をはじめ、ライブ配信やモーメンツ、ボイスチャットなど、さまざまな機能を持った、新しいゲイコミュニティ。

さらにマッチング機能には、新たに『本人認証機能』がスタート。

顔認証による本人認証が可能にした、なりすましに対策したGAYアプリ。出会う相手も本人認証済みなら安心。こちらも本人認証をすることにより、自分自身に嘘の無いことがアピールでき、より高い確率で注目を集められます。

セクシャル・マイノリティに対する社会の大きな変化に対応、なりすましや嘘の少ないコミュニティを目指しました。

Bluedは単なるアプリではなく、効率的で、安心、安全な出会いのメソッドを提供できる、新たなゲイコミュニティ。

みんなが不安、不快に感じている、アプリでの『なりすまし』ゲイ・アプリ利用者 に聞きました

blued survey

Blued Japanが独自に行った、Gayアプリの利用経験がある415名を対象としたインターネット調査によると、「アプリを利用する際に、どんなことに不安を感じますか?」 という問いに対し「他人によるプロフィール写真、自分が投稿写真の不正利用」という回答は約35%にもなった。つまり、3人に1人はアプリ上でのなりすましを不安に感じているのである。

さらに「アプリでは、どのような⼈と出会いたいですか?」という質問に対して「プロフィールの内容が充実している人」と回答した人が全体の約35%にもなった。

プロフィール写真に自分の顔写真を使っている人」と回答した方は約65%にも上り、出会う相手に対し、プロフィール写真は本人のものである、ということを当然、期待している、という結果になった。

Bluedは効率的に理想な相手につながるように、多くのユーザーのインサイトにお応えするため、より安心で安全な出会いの機会をご提供したいと考えます。

リアルだからこそ出会える

新しい時代のGAYアプリ「Blued」

blued app

無料、無制限でチャットができるのはもちろん、プライベート画像の交換や、ビデオチャットなど。プライバシー保護には万全を期しているため、安心・安全に出会いを楽しむことが可能に。 フィルター機能も充実。さらに顔認証による本人認証機能もついて、認証済みユーザーなら、なりすましの心配も無い。こちらも認証済みユーザーになれば安心をシェアできる。